輝きを維持する

エココートは、相反するコストと効果をバランスよく両立した、ハイブリッドガラスコーティング剤です。通常のガラスコーティングとは違い重ね塗りが可能です。何度も施工を重ねることで、より厚い被膜を形成することができます。高硬度の被膜はキズを付きにくくし、汚れの固着を防いでいつまでも愛車を美しく保ちます。

コーティング

ボディーを守る

エココート

品番:CMC-E60 (60ml)

スポンジ・マイクロファイバークロス付き

※60mlで、普通車3~5回の施工が可能です

​施工動画

ガラス被膜を形成する無機ケイ素化合物は、形が均一でないと配列自体がバラバラになってしまうため、これを繋ぐポリマー(有機ケイ素)の間隔も均一でなくなり、目に見えない割れ等の原因になっていました。エココートの無機ケイ素化合物は、ナノレベルで均一な六角形をしているため、密着性が高く、薄くても耐久性のある強靭なコーティングを可能にしました。高硬度の被膜はキズを付きにくくし、汚れの固着を防ぎます。施工後は、完全水洗いのみできれいに洗車でき、もちろん洗車機にかけても問題ありません。

効果は高いが時間とコストのかかる本格ガラスコーティング。一方、簡単で安いけど効果が短いガラス系コーティング。エココートは、相反するコストと効果をバランスよく両立しました。

効果が約半年~1年持続します

※保管・使用環境によって異なります

窓ガラスやライトレンズ、ホイール等、あらゆる場所をコーティングすることができます。

ですので、気を使わず洗車と同じように、車両を丸ごと施工していただけます。

どこにでも使用できますが、ゴム部・樹脂部には

コーティング効果がありません。

バスタブや洗面台、トイレ等ご家庭でもあらゆる場所にエココートを施工すると、水切れが良くなり汚れの固着を防止することができます。

エココート

​プレミアムハイブリットコーティング

品番:CMC-F020 (20ml)

スポンジ・マイクロファイバークロス付き

エココート5は、一度の施工で※エココートよりも厚い被膜を形成することができます。ボディーにキズや汚れを付きにくくし、より深い光沢感をもたらします。

施工方法

※エココート/エココート5 どちらも施工方法は同じです。

施工前に

車をきれいに洗車してください。汚れや水垢、鉄粉等は洗浄剤等を使ってきれいに除去し、洗剤を水でしっかり洗い流してください。その後、水分は拭き取らずに車両は濡れたままの状態で施工します。

塗る

水を含ませたスポンジにコート液を適量付けて泡立たせ、濡れたままの車両に塗り広げます。これを繰り返して車両全体に塗り広げてください。

待つ

車両全体に塗れたら10分程度放置し、コート剤の成分が施工面に移行するのを待ちます。

流す

水で泡を洗い流してください。

拭き取る

マイクロファイバークロスで車両の水分を拭き取ってください。

施工後8時間は洗浄剤を使っての洗車は避けてください。

​※

​どこにでも使用いただけますが、ゴム部・素樹脂部にはコーティング効果がありません。

注意

上記手順は分かりやすく説明するために簡素化した内容になっています。必ず説明書の内容をよくお読みになってから施工してください。

本製品の取り扱いは提携販売店のみとなります。
詳しくはお問い合わせください。

株式会社クイック

〒538-0041 大阪府大阪市鶴見区今津北3−2−12

  • Facebook
  • YouTubeの

©2020 by 株式会社クイック